managementエステ運営

エステ運営

エステサロン集客に効果的なツールとは

エステサロン集客に効果的なツールとは

エステサロンは、宣伝なしに集客するのは難しいとされています。
飲食店などは、通りがかかりにフラッと立ち寄ってみるというのはよくあるケースですが、エステサロンの場合は、気になったから立ち寄ってみたというケースは、まれです。

では、新規のお客さまにエステサロンに来てもらうためには、どのような方法があるのでしょうか。
チラシや、タウン誌、SNSなどいろいろと考えられると思いますが、やみくもに宣伝すればよいというわけではありません。
狙うターゲット層によって使い分けることが大切です。

ここでは、それぞれのツールがどのようなターゲットに効いて、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご説明いたします。
これを読めば、あなたのエステサロンの集客の仕方が分かります。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

チラシを利用する

集客を考えたときに、一番に思いつくのはチラシではないでしょうか。

最近では、簡単に自分で作成することができます。
チラシを利用して集客をするのであれば、かなりの数のチラシが必要になってきます。
コストを考えると、自分で作成するのがベストです。

次に、チラシの配布についてです。
ポスティング、新聞折込という方法があります。

若い層をターゲットとする場合は、新聞折込はあまり効果が望めません。
新聞に目を通さない若い世代が多いためです。

若い層をターゲットに考えている場合は、地道にポスティングをしたほうがよいでしょう。
ポスティングといっても、単にポストに入れていけばよいというものではありません。
見込み客が住んでいそうなエリアにしぼってポスティングをすることが重要です。

そして、ポイントは、1度でやめてしまわないことです。

たいていの場合、ポスティングチラシは捨てられます。
1度だけなら目にとめてくれなくても、何度も繰り返し目にすることによって、気にしてもらえるという場合もあります。

ポスティングによる反応は、0.1~0.3%といわれています。
例えば、1,000枚ポスティングをすれば、反応があるのは1~3人です。

ポスティングがすぐに集客につながるとはいえませんが、時間があるときにエリアをしぼって地道にポスティングをすることは決して無駄にはなりません。
反応につながった1人が次の1人につながります。
まずは、反応してくれる1人を目指しましょう。

ほかにも、エステサロンのターゲットとなる層に人気のあるカフェやお店などに、チラシやショップカードを置かせてもらうという方法もあります。
レジ横やトイレなどに置かせてもらえると手に取ってもらいやすくなります。

タウン誌を利用する

地元でよく活用されているタウン誌やフリーペーパーがある場合には、これらを利用することも効果的です。
地元に密着した情報誌なら、比較的安価で広告を掲載できます。

しかし、広告の掲載を考える前に、まずは「新店紹介」などの企画で取材をしてもらえないか交渉をしてみましょう。

たいてい、どのタウン誌やフリーペーパーでも、地元に新しくできたお店を紹介するコーナーがあります。
これを利用して、取材を申し込むのです。

取材申し込みの際には、記事を見て来店してくれたお客さまへの特典を準備しておくとよいでしょう。

情報誌側としては、たくさんの取材申し込みがあった場合は、まずは読者受けしやすいようなお店から選んでいきます。
情報誌の記者に選んでもらえるようなアピールポイントを作っておくのも大切なのです。

広告を掲載する場合は、スポット的に1回というよりは、定期的に掲載することをお勧めします。
これも、読者の目にとまる頻度を多くすることで、集客に結び付けるという作戦です。

SNS・コミュニケーションアプリを活用する

SNS・コミュニケーションアプリを活用する

今の時代、若い世代へのPRには、やはりSNSの活用は外せません。

SNSといってもさまざまなツールがあり、それぞれに特徴があります。
それぞれの特徴を活かして集客に結び付けましょう。

ここからは、それぞれの特徴や活用方法についてご紹介していきます。

Facebook

Facebookは、世界最大の交流サイトです。
原則、実名で登録します。

またFacebookページでお店を登録してアピールすることも可能です。

投稿に対して別の人がコメントをしてくれたり、シェアしてくれることによって、情報を素早くより多くの人に伝えられるという特徴があります。
長い文章も入力できるので、しっかりと何かを伝えたいときに有効です。

Facebookページにしておくと、投稿を広告することもできます。

必要に応じて、使ってみるとよいでしょう。

Twitter

Twitterは、140文字以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿することができます。

短い文でツイートするので、読みやすく短時間で、アピールすることができます。
長文を書くのが苦手な方や、あまり時間をかけたくない方にお勧めです。

さっと読めるので目に留まりやすい、読んでもらいやすいというメリットがあります。

LINE

LINEは、今や86%の人が毎日使用しているコミュニケーションアプリです。
これを利用しない手はありません。

エステサロンのLINEアカウントを開設することで、お客さまとLINEで繋がることができます。

ただし、他のツールと違って、お客さまにまずは登録してもらわないといけません。
登録をしていただいたお客さまには、サロン情報やクーポンなどお得な情報をお送りすることができ、大変便利です。

では、どのようお客さまにLINE登録していただけばよいのでしょうか。

活用例としては、チラシやショップカードにLINEのQRコードを掲載しておきます。
お客さまには、これを読み込んでもらうようにすると良いでしょう。

ブログ

ブログの最大の特徴は、読み物であり、伝えたいことをしっかりと伝えられるという点です。

じっくりと記事を推敲して掲載するので、長文作成が得意な方、たくさんのことを伝えたい時には有効ですが、最近の傾向として、若い層は、SNS上での長文を読まない傾向にあります。
もし、ブログを書くようなら、長文過ぎず、読みやすい内容にするのがよいでしょう。

Instagram

Instagramは、若い女性には人気のSNSです。
写真と短いコメントで分かりやすいというのが人気の秘密です。

「インスタ映え」という言葉が流行したぐらいですので、映える写真、興味をもってもらえる写真を載せるのが、たくさんの人に見てもらえる秘訣といえます。
Twitter同様、投稿する側も読む側も、手軽にできるというメリットがあります。

クーポンサイトを活用する

有名なのは、ホットペッパービューティーです。
掲載すると、集客力が大幅にアップするといわれています。

ただ、注意しないといけないのは、大手同業他社と同じ紙面に掲載されるので、価格競争になりやすい点です。

クーポン使用で来店されたお客さまがリピーターになってくれれば良いですが、クーポンを使って安いエステサロンばかりを利用する一見さんもいらっしゃるということを忘れてはいけません。

費用対効果があるかどうか、またご自分のエステサロンのスタイルに合っているかどうかをよく吟味したうえで、活用するとよいでしょう。

まとめ

エステサロンの集客のためには、さまざまな努力が必要です。
ご自分のサロンの特徴やコンセプトに合った宣伝方法を選んでください。

一つの方法だけでなく複数の方法でアプローチすることも必要です。

またそのうえで、どの方法が一番集客できたのかを見極めて、ご自分のエステサロンにとってよりよい方法で無駄のない宣伝ツールを見つけていくことが大切です。

いずれにせよ、じっとしていても集客はできません。
できることからやっていきましょう!

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧