managementエステ運営

エステ運営

エステサロンオーナー初めての確定申告。困らないための事前準備!

エステサロンオーナー初めての確定申告。困らないための事前準備!

確定申告とは、1年間の所得を申告することにより納付する所得税額を決定するために必要な手続きです。
エステサロンオーナーにとっては避けては通れないものです。

しかしながら、初めての確定申告を迎えるオーナーにとっては分からないことだらけだと思います。
ここでは、確定申告期日ギリギリになって困らないための事前準備についてご説明します。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

確定申告のための準備

まず、確定申告には、青色申告と白色申告があります。
この2つの違いについてご説明したいと存じます。

それぞれのメリットデメリットを知って、あなたにとってはどちらがお得かを検討してみてください。

白色申告について

誰でも申告できるのが白色申告です。
単式簿記を用いるので簿記が苦手な方もシンプルで分かりやすく、簡単に行なうことが可能です。

経理に慣れていないオーナーが自身で行なうのにはメリットが大きいかもしれません。

しかし、青色申告にはある特別控除が、白色申告にはありません。
初年度で所得が少ないのであれば、経理の負担が少ない白色申告でも特に問題はないでしょう。

青色申告について

青色申告をするためには、税務署に青色申告を行なう旨の申し出を事前に行なう必要があります。

青色申告をしようとする年の3月15日まで(本年の1月16日以後、新たに事業を開始した場合には、その事業開始等の日から2か月以内)に、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。
税務署の承認が下りれば、青色申告をすることが可能です。

青色申告のメリットは、最高65万円の特別控除があるという点です。
そのためには、貸借対照表と損益計算書の提出を行なわなければなりませんが、節税対策としては大きなメリットであることは間違いありません。

確定申告に必要な書類について

サロンオーナーとしては、慣れない帳簿をつけるわずらわしさはあるものの、それさえクリアすれば青色申告の方がメリットが大きいことはお分かりいただけたことでしょう。
では、実際に確定申告に必要な書類についてご説明いたします。

確定申告の際には、以下の書類が必要になります。

  • 確定申告書B(AとBがありますが、個人事業主の場合はBを提出します)
  • 青色申告決算書
  • 各種控除を受けるための証明書(医療控除、住宅ローン控除、生命保険料控除、寄付控除など)

税務署に提出するのは、これらの書類ですが、帳簿をつけるためには、領収書や事業に使っている通帳などが必要であり、個人事業主の場合、青色申告の場合には7年間の保存が義務付けられています。
白色申告の場合には5年間の保存が必要です。

注意すべきエステサロン経費

注意すべきエステサロン経費

サロンを経営していると何かと経費がかかります。
経費はもちろん適切な形で計上すればよいのですが、初めての場合、どの項目に分類されるのか分からないケースも多々あると思います。

ここでは、間違いやすい勘定項目について説明いたします。

法廷福利費

これは、サロンオーナー自身の社会保険料や労働保険料のことです。
家族やスタッフの保険料は、ここには入りません。

保険料

店舗の損害保険料が、この項目に分類されます。
自身の生命保険料やスタッフの保険料は当てはまりません。

接待交際費

サロンのお客様や取引先との飲食代、お歳暮やお中元など贈答品にかかった費用が当てはまります。
慶弔費も接待交際費に当たります。
あくまでも外部の人に関するもので、スタッフとの打ち合わせなどの際にかかった飲食代などは、会議費として計上します。

開業費

その名のとおり、サロンの開業準備のために使った経費が含まれます。
打合せの際にかかった食事代、交通費、書籍代などが当てはまります。
経営のノウハウを学ぶためのセミナー参加費用やステップアップのためのスクールへの参加費用も開業費として計上することができます。

確定申告直前に慌てないための事前準備

まだまだ確定申告は先だからと先延ばしにしていると、直前になって慌てることになります。
初めての際には特に早くから確定申告に向けて準備をしておくことが大切です。

ここでは、どのような準備をしておけば直前になって慌てないか解説いたします。

例えば店舗を持たず、自宅サロンにしている場合は、電気代や家賃などといった経費の比例配分をしておくことが必要です。

サロン専用の口座を作る

サロンをオープンしたら、まずはサロン専用の口座を作っておくことが大切です。

そうすることにより、収入・支出が明確になり帳簿をつけるのも比較的楽になります。
個人事業主の場合、お金の出入りがルーズになりがちですので、健全な経営をするためにも専用口座を作ることをおすすめします。

領収書やレシートの保管

前述しましたが、確定申告書類を作成するためには、経費として計上する領収書やレシートが必要です。
日頃から項目に分けて保管しておくことをおすすめします。

確定申告の強い味方

ここまで初めての確定申告のためのアドバイスをしてまいりましたが、初めての確定申告ではまだまだ分からないことや戸惑うことがいっぱいです。
そんなときに助けてくれる強い味方があります。

ここでは、初めての確定申告をサポートしてくれる頼れる助っ人をご紹介します。

税理士

ご紹介するまでもなく税理士は力強い味方です。

初めての確定申告で全く何をしていいのか分からないという場合には、税理士に頼りましょう。
経費はかかりますが、思い切ってお任せすることであなたはサロン経営に専念することができます

会計ソフト

近年、会計ソフトも随分使いやすくなりました。
初心者でも分かりやすいソフトが多いので、経理事務に慣れていない方にもおすすめです。

税理士にお願いするほどお金はかけられないという場合には、会計ソフトを使ってオーナー自ら頑張りましょう!

記帳指導

税務署では、無料の記帳指導を受けることが可能です。
国税局が準備した体験版の会計ソフトを利用できたり、税理士が記帳のポイントや確定申告について教えてくれます。

自力で何とかしようと思っている方は受講してみると良いでしょう。

まとめ

初めて確定申告をするというサロンオーナーの皆さま。
確定申告は避けては通れません。
苦手だからと後回しにせずに早くから準備をすることが大切です。

また自分では処理できそうにないと思った時点で、簿記などの資格をもつ経理担当スタッフを雇う、税理士に任せるなど、プロの力を借りる事も大切です。

節税の一つとして、開業費を初年度に一括して計上せず、初年度以降に経費として処理するという方法もあります。
いずれにせよ、領収書やレシートは必要ですので、大切に保管しておくように習慣づけましょう。

この記事の監修者

業務用痩身エステ美容機器の製造・販売 SHEMEN(シーメン)

株式会社SHEMEN(シーメン)

法人番号:5120101058391

業務用エステ機器販売 業務用美容機器の製造・販売及び輸出入

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。
企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧