managementエステ運営

エステ運営

EMS。家庭用と業務用は何が違う?

EMS。家庭用と業務用は何が違う?

ダイエットに効果的とされるEMS。
以前はエステサロンなどで使用されるのみでしたが、近年、通販サイトや店舗などでも手軽に購入できるようになりました。

「家庭でEMSが使えるようになったのなら、高いお金を払ってエステサロンに通わなくてもいいのでは?」という方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら同じEMSでも家庭用と業務用では機能や効果が異なります。

この記事では、業務用と家庭用のEMSの違いについてご紹介します。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

EMSって何?

EMSは、「Electrical Muscle Simulation(電気筋肉刺激)」の略です。
その名のとおり電気の力で筋肉を強制的に動かすことにより、筋肉を鍛えるマシーンです。
通常、筋肉は、脳からくる指令により動かすことができます。

ところがEMSを使用することにより、強制的に筋肉を動かすことができるようになるのです。
そのメカニズムは、EMSの電流が運動神経に刺激を与えることにより、筋肉に直接「動け」という指令を出します。
これにより脳を経由しなくても直接筋肉を動かすことが可能になるというわけです。

EMSの効果

「もっと筋肉をつけたい!」というときには皆さまどうされますか?
「筋肉をつけるためには、間違いなく筋トレでしょ!」という方、正解です。

しかしながら筋トレの場合は、鍛えたい部位をピンポイントに鍛えることはなかなか難しいですよね。

ところが、EMSなら鍛えたい部分に直接働きかけることができるのです。

例えば、基礎代謝をあげたい場合には、EMSで大腿四頭筋や僧帽筋などの大きな筋肉に刺激を与えます。
大腿四頭筋や僧帽筋といった大きな筋肉を鍛えることにより基礎代謝が高まり、痩せやすい体質へと導くことができます。

また夏前になると気になる二の腕のたるみ。
二の腕など普段あまり動かさない部分のたるみが気になる場合は、上腕三頭筋などにEMSで直接刺激を与えることにより、引き締め効果が期待できます。

このようにEMSは、気になる箇所や筋肉を強化したい場所にピンポイントに働きかけることができるのが特徴です。
EMSは、基礎代謝アップや、引き締め効果のほか、脂肪燃焼や、デトックス効果、冷えやむくみの改善などにも効果的です。
電気を流すことにより血流をよくなるのもEMSの効果です。

家庭用EMSと業務用EMSで異なる点

家庭用と業務用で異なる点
それでは、家庭用と業務用EMSでは何が違うのでしょうか。
家庭用と業務用EMSの相違点は大きく挙げると3つあります。

  1. ①周波数が違う
  2. ②カバーできる範囲が違う
  3. ③費用対効果が違う

それでは、これら3つの異なる点について細かくみてみましょう!

周波数が違う

周波数とは、電気が届く深さのことです。
周波数が高いほど、体の奥深くまでアプローチすることが可能になります。
EMSは低周波、中周波、高周波に分けられます。

一般的に低周波とされるのは0.1Hz~1,000Hzです。
家庭用として使用されているのはこのタイプです。
低周波の電流は、皮膚に近い部分の筋肉を動かすため、ピリッとした痛みを感じることがあるのが特徴です。

次に中周波です。
中周波は、1,000Hz~10,000Hzが一般的です。
家庭用、業務用ともにあります。
低周波に比べると2~3cm深い部分までアプローチすることが可能です。
低周波ほどピリピリ感はありません。

一方、高周波は10,000Hz以上のものを指します。
高周波では、深層約10cmまでアプローチすることができます。
いわゆるインナーマッスルに直接アプローチすることが可能です。
周波数が高いものは、専門知識をもったスタッフのみ操作が許されているため、高周波のEMSは業務用のみとなっています。

カバーできる範囲が違う

家庭用EMSは、電気が流れるパッドが固定式のものがほとんどなので、細かな部位調整が難しくなっています。

一方、業務用の場合は、電気が流れるパッドが独立式になっているため、パッドを気になる部分に直接貼ることが可能です。
細かい調整がしやすい構造になっています。

また業務用EMSを操作するのは、正しい知識をもったスタッフのみ行なうことができるので、施術を受ける人の体系やコンディション、鍛えたい希望部位によって適切な位置にパッドを貼ることができます。
そのため、効果的に施術を行なうことが可能です。

費用対効果が違う

エステに通ってEMSの施術を受ける場合と比較すると、家庭用EMSは費用面だけでみればかなり安く使用することができます。
しかしながら、家庭用EMSの出力は、業務用EMSの10分の1程度です。

単純に考えても、業務用EMSだと1年かからずに効果が出るところを家庭用EMSだと、10年はかかってしまうということになります。
これらのことを鑑みると、業務用EMSで短期間施術を行なう方が、費用対効果としてはよいということになります。

まとめ

家庭用EMSと業務用EMSは、同じEMSでも周波数が異なることがお分かりいただけたと思います。
周波数が異なるということは、作用する箇所が異なるということです。
それにより効果も大きく異なります。

EMSの使用を検討する際には、何に重きを置くかという点を考えて選ぶとよいでしょう。
とにかく安い方がいい、効果はそれなりでいいので隙間時間に手軽に行ないたいというのであれば、家庭用EMSを選ぶとよいでしょう。
かなり低価格で、しかも自分の好きな時に好きなだけできます。

費用対効果を重要視するのであれば、断然業務量EMSです。

家庭用と業務用、それぞれのメリットを理解したうえで、ご自身の目的にあった使用法を実践してみてください。

この記事の監修者

業務用痩身エステ美容機器の製造・販売 SHEMEN(シーメン)

株式会社SHEMEN(シーメン)

法人番号:5120101058391

業務用エステ機器販売 業務用美容機器の製造・販売及び輸出入

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。
企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧