エステ運営

エステでアザができることがあるのはどうして?好転反応との違いは?

エステでアザができることがあるのはどうして?好転反応との違いは?

エステでアザができたことがあるという方はいらっしゃいますか?
エステでの施術後、腕や足にアザができていた覚えはありませんか?

エステでアザができるのには、実はいくつかの原因があります。
ここでは、好転反応との違いも含めて、エステの施術でアザができる原因とその対処法についてご紹介いたします。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

アザができる原因

施術後のアザの正体は、内出血です。
内出血とは、外部からの圧迫により、血管が破れて出血している状態のことを指します。
「血管が破れて出血をしている」と聞くと、何だか大変なことのように感じますが、家具の角に足をぶつけて青あざができるのも内出血の症状です。
そう聞くと、少し安心できますよね。

しかしながら、家具に足をぶつけて青あざができた場合は1箇所ですが、施術後のアザは何か所にも及ぶことがあります。
そうなると何だか心配になってしまいます。

そもそもなぜ施術後にアザができることがあるのでしょうか?
それには、いくつか考えられる原因があります。

施術者の技術不足

アザの原因のひとつに施術者の技術不足が考えられます。
要は、施術を担当したエステティシャンのスキルの問題です。
内出血が起こりやすい箇所は、脂肪が少なく皮下組織が薄いところです。
その部分に過度な圧迫を行なうと、内出血を起こしてしまいます。

一般的に施術をする際に、エステティシャンはお客さまの肌に手をしっかり密着させて行ないます。
こうすることによって、力が分散されるので内出血は起こりにくくなります。
手がしっかりと肌に密着されてないと、力が分散されず1箇所に集中してしまうので、内出血へとつながってしまうのです。

お客さまの体質

お客さまの体質がアザを引き起こしている場合もあります。
体に老廃物が溜まりすぎると内出血を起こしやすくなります
大きい脂肪細胞があると、脂肪細胞により血管やリンパ管が圧迫されむくみやすくなります。
これにより血行が悪くなるので、血管壁が弱くなってしまいほんの少し力を加えただけで血管が切れやすくなってしまうのです。

血管壁が弱くなる原因はほかにもあります。
偏食や喫煙、筋肉量が少ない、冷え性などの場合も、血管壁が弱くなりアザができやすくなります。
むくみやすい、冷え性といった方は注意が必要です。

施術の特性

先ほど、エステティシャンの技術不足が原因と言いましたが、エステティシャンがあえて強いマッサージを行なう場合があります。

脂肪の塊であるセルライトをつぶす施術を行なう場合です。
セルライトとは、脂肪が固くなってその周りに老廃物がくっついてできている状態です。
このセルライトを分解するためには、圧力をかけてマッサージをする必要があります。

その際に、周囲の毛細血管が切れてしまうため、アザができることがあります。

それと同じ理由で、痩身マシンを使用する場合にもアザができやすくなります。
マシンの場合には、ハンドマッサージと比べて、部位による微妙な力加減が難しいため、皮膚に与える力が強くなりがちです。
そのため、皮膚が薄い部分にも強い圧をかけるため、アザができやすいのです。

特に多くの突起がついたヘッドで施術を行なうラジオ波の場合は、アザができるケースが多々あります。
一方、カッピングという吸引マシンで施術を行なった場合にできるアザのような跡は一時的なものです。
すぐに消えますのでご安心ください。

好転反応との違い

好転反応との違い
皆さん「好転反応」って聞いたことがありますか?
痩身エステを行なった場合に、一時的に体に生じる症状のことをいいます。
これは、老廃物を体外へ押し出したことにより、体に起こる一時的な反応です。

好転反応には、以下のような症状があります。

  • 微熱があるかのような、だるさを感じる
  • 常に眠く、朝も目覚めが悪い
  • 下痢気味
  • 汗をよくかく
  • 一時的な肌荒れ
  • 赤い湿疹が出る

好転反応の際にも、赤いポツポツとしたアザのようなものが出る場合がありますが、俗にいうアザとは異なります。
見分け方は、好転反応のアザは、赤くて痛みがないのに対して、内出血のアザは青くて痛みがあるのが特徴です。

好転反応は、1週間ほど続いた後、元に戻る場合がほとんどです。
それ以上続く場合は、好転反応ではなく何かしら身体に異常をきたしているのかもしれません。
病院へ行くことをお勧めします。

アザができてしまったときの対処法

「施術後、アザができてしまった。目立つので早く治したい。」
そのような場合には、まずは患部を冷やしてみてください。
その際には、氷や保冷材などで直接冷やさず、必ず布などに包んで冷やすようにしてください。

腫れが引いたら、次に患部を温めて血行を良くしましょう。
こうすることで治りのスピードが速くなります。
大抵の場合、1週間ほどでアザは消えますが、10日以上アザが消えない場合は、施術を受けたサロンに相談することをお勧めします。

まとめ

好転反応とアザ、よく似ているようで全く別物です。
好転反応は一時的なもので、1週間もすれば治ります
好転反応だと思っていてもなかなか治らない場合には、内出血のアザである可能性があります。
長く治らない場合には、症状によって施術を受けたサロン、もしくは病院に相談することをおすすめします。

この記事の監修者

業務用痩身エステ美容機器の製造・販売 SHEMEN(シーメン)

株式会社SHEMEN(シーメン)

法人番号:5120101058391

業務用エステ機器販売 業務用美容機器の製造・販売及び輸出入

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。
企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧