managementエステ運営

エステ運営

時代は、キャッシュレス!エステサロンにも波到来!

時代は、キャッシュレス!エステサロンにも波到来!

現金を持ち歩かなくても、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、QR決済などで簡単に支払いができる時代が、日本にもやってきました。

エステサロンや化粧品店などでは、キャッシュレスの波が到来する随分前から、クレジットカード決済は頻繁に行われてきました。
高価なエステのコースや化粧品などを一括で買わずに分割で支払うお客さまが多いためです。

エステ業界にとっては、これまでとそれほど大きな変化はありませんが、これまでよく使われていたクレジットカードに加え、電子マネー、QR決済などで支払いを希望するお客さまも増えてきたため、エステサロンを経営されているオーナーさんのなかにもキャッシュレス決済を幅広く取り入れる必要性に迫られて、導入したという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そもそもキャッシュレス決済とは?というところの解説を含め、エステサロンで導入を検討したいキャッシュレス決済についてご紹介します。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

キャッシュレス・ビジョン

「キャッシュレス・ビジョン」とは、経済産業省が打ち出したキャッシュレス決済を推進する計画です。

2025年までに、紙幣や硬貨を使う代わりに、クレジットカードやデビッドカード、QR決済、電子マネーなどを使用するキャッシュレス決済の利用者を計画当初の2割から4割に引き上げるという計画です。
消費増税をきっかけに、キャッシュレス決済をした際に5%還元するというポイント還元制度が導入されました。

現金主義の日本人にとっては、キャッシュレス決済を不安に感じる方も多かったのですが、キャッシュレス決済可能な店舗が一気に増加し、ポイント還元も手伝ってキャッシュレス決済の利用者はぐんと増加しました。

なかでもQR決済利用者は、増税前の約3倍以上にも増加したということです。

キャッシュレス決済に慣れてしまえば、現金を持ち歩かなくても携帯電話さえ持っていればOKという手軽さもあるのでしょう。
今後ますますキャッシュレス決済の利用者が増加していくことは、間違いないといえます。

エステサロンに導入すべきキャッシュレス決済について

エステサロンに導入すべきキャッシュレス決済について

キャッシュレス決済の利用者数も増加していることから、エステサロンでも導入が必要になってきました。
支払い方法の選択肢が増えると、お客さまも商品を購入しやすくなるので、エステサロンの売り上げ増加を期待する声も多く聞かれるようになってきました。

ここからは、エステサロンに導入すると便利であろうキャッシュレス決済についてご紹介します。

クレジットカード

エステサロンでは、古くから行われていたクレジットカード決済が主流に思えますが、実は2000年ごろから、クレジットカードを利用したエステコースの購入トラブルにより、徐々にクレジットカード会社もエステサロンとの取引をしない方向へと舵を切るようになり、多くのサロンがクレジットカードでの支払いができなくなっていました。

しかしながら、最近では海外決済を使ったクレジット代行業者も増え、エステサロンでの支払いにも対応できるようになりました。

高額サービスが多いエステサロンでは、お客さまにとってもクレジットカードが使えるということは、現在手元に払えるお金がなくても分割で払うという選択肢ができ、商品を購入しやすくなるでしょう。

電子マネー

電子マネーとは、あらかじめ現金をチャージすることによって、現金を持っていなくても買い物を楽しめるというものです。
チャージ限度額は交通系で20,000円、商業系で50,000円まで入金可能です。

クレジットカードとは違って、即時決済なので、エステサロンでも審査が通りやすいのでおすすめです。

デビットカード

デビットカードは、一見クレジットカードのように見えますが、現金が預金口座にないと決済されません
考え方としては、電子マネーと同じような感じで、現金を持ち歩かなくてはいいですが、実際に即時引き落としできる現金を銀行に預けていないと使うことができません。

スマホ決済アプリ

スマホ決済アプリは、現在ものすごい勢いで、利用者を伸ばしているPayPay、楽天ペイ、LINEペイなどでおなじみのキャッシュレス決済サービスです。

クレジットカードや電子マネー、デビットカードの機能を持っており、スマホのQRコードで支払いができるので、お財布を持ち歩かなくても携帯1つあれば、買い物ができるという手軽さが若者を中心にうけて利用者が増えています。
比較的年齢層が若いかたがターゲットのサロンなどは、導入を考えたほうがよいかもしれません。

まとめ

現金主義といわれてきた日本にも、とうとう欧米並みにキャッシュレス決済の波が押し寄せてきました。

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QR決済など、それぞれにメリット・デメリットを持ち合わせているので、利用者もお店やその時のお財布事情によって、使い分けている方も増えてきています。
それだけ、日本市場もキャッシュレス決済へと移行しつつあるということです。

エステサロンには、クレジットカードの取り扱いがなくなるという苦い過去がありますが、これからは、キャッシュレス決済を導入することによるメリットのほうが多いといえます。

さまざまなキャッシュレス決済を使い分けるお客さまがいるということは、それだけ、高額になりがちなエステサロンでの支払いこそキャッシュレス決済の需要が高いといえます。

1種類だけでなく、いくつかのキャッシュレス決済を導入することにより、サロンの売上アップにつながり、経営も安定するとしたら・・・これはもうキャッシュレス決済を導入するしかないでしょう。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧