managementエステ運営

エステ運営

成功への近道!エステスクールの選び方

成功への近道!エステスクールの選び方

あなたがエステスクールに通おうとしている目的は何でしょうか。

  • 「ゆくゆくは開業したい」
  • 「美容について興味がある」
  • 「エステティシャンとして働きたい」

など、皆さんそれぞれ目的があることでしょう。
実は、その目的がエステスクールを選ぶ際にはとても重要なのです。

ここでは、失敗しないエステスクールの選び方についてご紹介します。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

エステスクールに通う目的で選ぶ

エステスクールには、

  • 技術のみを学ぶスクール
  • 理論と技術両方学ぶスクール

の2種類あります。

「技術のみを学ぶスクール」は、主に化粧品の代理店制度を採用している化粧品会社が運営するスクールです。

「理論と技術両方学ぶスクール」は、技術はもちろん、細胞組織学や皮膚学などといった理論もしっかりと学ぶスクールです。
こちらは、広くエステティシャンを育てる専門学校です。

自分がエステスクールに通う目的は何かを明確にしたうえで、どちらのスクールが自分の目的に合っているかを考えてベストなスクールを選ぶとよいでしょう。

目的別で見るそれぞれのスクールの特徴

それでは、それぞれのスクールの特徴をご紹介しましょう。
それぞれのスクールの特徴を知ったうえで、自分の目的に適したスクールを選ぶことが大切です。

技術のみを学ぶエステスクール

まずは、技術のみを学ぶスクールです。

こちらは、受講料が安いのが魅力です。
見習いという形で、実際に仕事をしながら無料で学べるというスクールもあります。

ここでは、皮膚構造などの理論の授業はなく、エステの技術のみを学ぶことができます。
運営する化粧品会社独自の試験にパスすれば、お客さまの施術をすることが可能になるので、頑張ればすぐに仕事に繋がります。

またキャリアを積めば、母体である化粧品会社のバックアップを受けながら、独立することも可能です。
ただし、化粧品会社が母体であるだけに、他の化粧品を使用することはできません。

また、化粧品を販売することが売り上げにつながるというシステムなので、エステの技術だけで勝負するのではなく、必ず化粧品を売ることが必要不可欠になってきます。

メリットは、大きな母体があるので、比較的簡単に自分のサロンをもつことができるという点、しっかりとしたバックアップが受けられ、知名度を利用して集客できるという点です。

理論と技術両方学ぶエステスクール

一方、理論と技術両方を学ぶエステスクールは、専門学校なので、技術と理論をトータルで学んで、大手エステティックサロンに就職したいという完全な独立を希望する人におすすめです。

エステの施術やお客さまに適切なアドバイスを行なうために必要な知識である、細胞組織学や皮膚学など専門的な知識が学べるのがこのスクールです。

また、化粧品学や肌のトラブル、エステサロンでのマナーやエステティシャンとしての立ち居振る舞いなど、エステティシャンとして働く上で必要なことを学ぶことができます
技術のみを学ぶエステスクールに比べて、授業料は高いですが、代理店契約という形ではなく、自分の理想を実現することができるエステサロンを開店したいという方は、トータルでしっかりと学ぶことができるこちらのスクールを選ぶことをおすすめします。

卒業後のサポート体制で選ぶ

卒業後のサポート体制で選ぶ
それぞれのスクールには、卒業したあとのサポート体制が整っています。
自分がどんなエステティシャンになりたいのかによって、必要なサポートも異なってきますので、卒業後のことも考えてスクールを選ぶという方法もあります。

技術のみを学ぶエステスクール

卒業後は、スクールを運営している化粧品会社の代理店に勤める人がほとんどです。

既に代理店で働きながら技術を学んでいる人は、そのまま所属している代理店でエステティシャンとしてデビューすることになります。

母体となる化粧品会社が定める一定の売り上げに達した場合は、母体のサポートを受けて独立することも可能です。
その場合は、もちろん資金は必要ですが、母体の化粧品会社の全面的なサポートを受けることができます。

理論と技術両方学ぶエステスクール

卒業後は、大手をはじめエステサロンへの就職斡旋の制度もあります。

大手のエステスクールなら、卒業生の実績もあるので、たくさんのサロンからの求人が期待できます。

また卒業後に独立も可能です。
その場合のサポートも行なってくれます。
機材を扱う業者の紹介から開店のアドバイスなどをしてもらえるので、安心です。

スクールによって就職に強いところ、独立支援に力を入れているところと様々ですので、卒業後の進路を考えて適したスクールを選ぶようにしましょう。

ライフスタイルで選ぶ

高校卒業後、進学としてエステサロンを選ぶ人や、仕事を辞めて学ぶ人、専業主婦の人、仕事を続けながら将来のために学びたい人など、現在置かれている立場は様々でしょう。
それぞれのライフスタイルに合わせてスクールを選ぶという方法もあります。

例えば、ほかに仕事をしながらスクールに通うのであれば、土日開講など社会人を対象としているエステスクールがよいでしょう。

また、遠方などの理由で学校に通うのが難しい人は、通信制のエステスクールもあります。
通信制の場合でも実技の授業でスクーリングがあるので注意が必要です。
もちろん平日の昼間に授業を行なうエステスクールもあります。

エステティシャンを目指すには、今のライフスタイルに合ったスクールに通うことも大切です。
無理のない形で学べるスクールを選びましょう。

まとめ

エステスクールを選ぼうとしている皆さんは、これからエステティシャンとして羽ばたこうとしている方たちです。
その志が、道半ばにならないように、最後までしっかりと学び抜いて卒業できるように、そして、今目指している理想のエステティシャンになれるように、通うエステスクール選びは慎重に行なってください。

将来、エステティシャンとして成功するための一歩が、これから通うエステスクール選びなのです。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧