openingエステ開業・独立

エステ開業・独立

エステサロン開業のための失敗しない物件の選び方

エステサロン開業のための失敗しない物件の選び方

エステサロンを開業しようと思ったら、まずはサロンの形態を考えることでしょう。

自宅の一室を改装してサロンにするのか、または賃貸物件での開業を目指すのか、2つの選択肢があります。
ここでは、自宅サロンと賃貸物件どちらにしようかと悩んでいる方のために、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

また、賃貸物件での開業を目指す方のために、物件の選び方など詳しくご紹介します。

エステサロンにはどのような賃貸物件が適しているのか、いくつかの物件例も挙げながらそれぞれの利点などについてご紹介しましょう。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

エステサロンを開業するときの物件選びのポイント

エステサロンをいざ開業というときに、自宅と賃貸物件どちらを選びますか。
それぞれにメリット・デメリットがあります。
どちらにしようか迷っている方のために、ここでは、自宅と賃貸物件、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

自宅サロン

まず自宅で開業したときの場合からシミュレーションしてみましょう。

<メリット>

  • 賃貸料が要らないため開業資金、毎月の固定費があまりかからない。
  • 開業したときに自宅との行き来が楽。
  • プライベートと仕事の両立がしやすい。

<デメリット>

  • 生活感が出やすい。
  • プライベートと仕事のオンオフがつきにくい。
  • 自宅のためお客さまが来店しにくい。(場所が分かりにくい、自宅のため気軽に立ち寄りにくい)

自宅サロンの場合には、自宅の住所がオープンになってしまうというデメリットもありますが、メリットで挙げたようにプライベートと仕事の両立がしやすいという利点があるため、小さいお子さまがいらっしゃる方も自分のペースで働くことができます。

賃貸物件でのサロン

続いて賃貸物件でのメリット・デメリットをご紹介します。

<メリット>

  • エステサロンの店舗づくりがしやすい。
  • プライベートとのオンオフがつけやすい。
  • お客さまが来店しやすい。(集客に適した場所に開業することができ、新規のお客さまも立ち寄りやすい。)

<デメリット>

  • 賃貸にかかる費用が必要。
  • 通勤時間がかかる。

賃貸物件の場合は、初期費用と毎月の固定費がかかってきますが、自宅とはっきり線引きができるので、エステサロン本来の機能が果たせるようになります。
しっかりと集客をして、たくさんのお客さまに来てもらいたいという方には賃貸物件がおすすめです。

自宅、賃貸物件それぞれのメリット・デメリットを理解していただいたうえで、自分に最適な場所でエステサロンを開業していただきたいと思います。

賃貸物件の種類

賃貸物件の種類

ここからは、賃貸でエステサロンを開業しようと決めた方のために、賃貸物件の種類についてご紹介します。

賃貸物件にも色々な種類があります。
エステサロンには、どのような物件を選べばよいのでしょうか。

ここでは、3パターンの物件をメリット・デメリットとともにご紹介します。

マンションの一室

マンションの一室を借りて、エステサロンを開業するという方法もあります。

マンションなので看板を掲げることはできません。
集客方法に工夫が必要ですが、コンパクトで隠れ家的なサロンを目指している方にはおすすめです。

また、マンションはセキュリティの関係上、店舗や事務所として使うことが許可されない物件もありますので、注意しましょう。

路面店

路面店とは、道路に面した店舗のことをいいます。

路面店の場合は、人目につきやすい好立地の店舗を選べば集客がしやすいというメリットがありますが、その分、賃貸料が高いというデメリットも併せ持っています。

ただし、開業しただけでお客さまの興味を引き、自然と宣伝効果が生まれるとともに、お客さまも入ってきやすいという強い利点があります。

二階以上の店舗

路面店と違い、少し目立ちにくいというデメリットがあります。
階が上がれば上がるほど目立たなくなるので、人目につきやすい看板を掲げるなどの工夫が必要です。

一方で店舗としては路面店よりかなり賃料が安くなるのが特徴です。

マンションの一室同様、隠れ家的なサロンを目指すのには最適だといえます。

賃貸物件を選ぶときのポイント

賃貸物件には、居抜き物件とスケルトン物件の2つのタイプがあります。
どちらを選べば、自分の理想のエステサロンが作りやすいのかを考えながら読んでいただきたいと思います。

居抜き物件

前オーナーが利用していた内装や設備がそのまま残っている物件のことをいいます。

エステサロンを開業するのに飲食店の居抜きでは全く使い物にならないどころか余計費用がかかってしまいます。
居抜き物件を利用するのであれば、エステサロンの居抜き物件を探すようになりますが、エステサロンの居抜き物件は、なかなか物件数としても少ないのが現状です。

あればラッキーですが、自分が開きたいサロンの形態と大きく異なる場合や老朽化が進んでいる場合は、内装にかなり手を入れることになるので注意が必要です。

また、居抜き物件の場合は、前オーナーがなぜ手放したかのかも気になるところです。
不動産業者に尋ねるなどしてみるとよいでしょう。
物件選びや今後の経営の参考になります。

また設備などが新しい場合には、「造作譲渡費」が必要になる場合もあります。
「造作譲渡費」とは、前オーナーから設備や内装をそのまま引き継ぐことにより発生する費用です。

設備が新しく自分の目指しているエステサロンと合致する場合には、「造作譲渡費」が発生してもすべて自分で買いそろえるよりはお得です。

ただし逆の場合もありますので、よく考えて検討してみましょう。

スケルトン物件

スケルトン物件とは、居抜き物件と違って内装も配線もされていないので、自分で一から作っていく必要がある物件のことです。

内装、設備などに費用がかかりますが、自分好みのエステサロンを作ることができます。

物件選びの際には、上記の2つのタイプのどちらを選ぶのかを考えるのと同時に以下の点にも注意するとよいでしょう。

  • 治安のよい地域を選ぶ
    エステサロンのお客さまは基本的には女性ですので、治安のよい地域を選ぶということは大変重要なポイントになります。
    昼と夜に実際訪れてみて、自分の目でしっかりと確かめてみるとよいでしょう。
  • 騒音に気を付ける
    お客さまがエステサロンに来る目的は、「美しくなりたい」と同時に「癒し」です。
    電車や飛行機といった大きな騒音がないか、生活音はうるさくないかなど、しっかりチェックしておきましょう。
  • 周辺の環境に気を配る
    周辺の環境の変化、地域の開発計画などにアンテナを張っておきましょう。
    開発計画により、人の流れが変わってしまうことはよくあります。
    郊外に人が流れてしまい駅前や商店街から人が消えるという事例もこれまでたくさんありますので注意が必要です。

まとめ

エステサロンを開業する際の物件選びには、紹介してきたように色々なチェックポイントがあります。

最近では、インターネットで検索すれば何でも分かりますが、それでもネットだけでは確認できないことや、情報が間違っていることがあります。
ネットの情報を鵜呑みにせず、疑問に思ったことは不動産業者などに聞いてみたり、実際に何度か時間を変えて足を運んでみたりすることで、間違いのない物件を探すことができます。

また物件を選ぶときには、不動産業者に掘り出し物だと勧められたとしてもすぐに飛びつかずに、冷静に検討することが大切です。

これらのチェックポイントを抑えて、あなたが目指す理想のエステサロンになるような物件を探してみてください。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧