openingエステ開業・独立

エステ開業・独立

エステサロンの開業におすすめの資格

エステサロンの開業におすすめの資格

女性をより美しくするためのサロン、エステサロンですが、最近では女性だけでなく男性のサロンも多くみられるようになるほど、人々の美への関心はますます高まっているといえます。

このような美を追求する沢山の女性を自分の手で美しくしたいと思い、エステサロンの開業を考えている方もいらっしゃると思います。

エステサロンを開業するために必要な資格はあるのでしょうか。
またあるとすれば、どのような資格が必要なのでしょうか。

これを読めば、エステサロン開業にあたっての資格の有無、おすすめの資格がお分かりいただけます。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

エステサロン開業に必要な資格とは?

エステサロンの開業に必要な資格は、特にありません

極端な話、誰でも開くことができます。
とはいえ、エステサロンに訪れるお客さまの立場からすれば、何の資格ももっていないよりは、エステに関する資格をもっているほうが安心して施術をお願いできるというものです。

ここでは、エステサロン開業にあたり、もっていれば有利な資格についてご紹介いたします。

もっていれば役に立つ資格とは?

エステサロンでは、エステティシャンがお客さまに施術をします。

サロンのエステティシャンが、技能の証明となる資格(ディプロマ)をもっていれば、お客さまの信頼を得ることができます。
ディプロマは、エステサロンの経営に直接関係するものではありません。

しかし、お客さまに安心して施術を受けていただくという意味では、エステサロンには必要な資格であるともいえます。

また、資格をもつAサロンと、資格がないBサロン、どちらに行こうか迷っていらっしゃるお客さまの選択の決め手となるのは、資格であることも多いため、新規のお客さまを呼び込めるかどうかが決まる重要なものであるといえます。

エステティシャンの資格(ディプロマ)とはどういうものなのか

エステティシャンには国家試験はありません。
エステティシャンの資格は、すべて民間資格のみです。

ディプロマとは、高い技術をもつエステティシャンであるということを証明してくれる資格です。
ディプロマをもっていないエステティシャンとの差別化を図り、お客さまに安心して施術を受けていただこうというものです。
いわば、エステティシャンのスキルの証明となるものなのです。

日本には、いくつかのエステティシャンの民間団体があります、各民間団体それぞれに、独自の研修や試験を設けており、指定する研修の受講、技能テスト、筆記テストなどによりディプロマを取得することができます。

エステティシャンの民間資格とは?

エステティシャンの民間資格とは?

もっているとお客さまの信頼度が増すのが、エステティシャンのディプロマです。
ここでは、日本国内で通用する主に3つの民間資格をご紹介いたします。

日本エステティック協会「認定エステティシャン」

日本エステティック協会は、エステティック業界では最大手の団体です。

基本となるのが「認定エステティシャン」であり、このほか上級者ディプロマ、フェイシャル・ボディのスペシャリストのためのディプロマなど様々な種類のディプロマがあります。
「認定エステティシャン」のディプロマを取得するためには、協会認定校での300時間以上コースまたは1000時間以上コースの終了者であること、または実務経験が1年以上あることが必須で、かつ実技試験・筆記試験に合格することが必要です。

日本エステティック業協会「AEA認定エステティシャン」

日本エステティック業協会は、30年以上の歴史をもつ団体です。

基本資格の「AEA認定エステティシャン」のほかに、上級者用、さらに上級者である「AEAインターナショナルエステティシャン」もあります。
「AEA認定エステティシャン」ディプロマを取得するためには、AEA認定校で300時間相当の指定カリキュラムも受講修了者、もしくは1年以上の実務経験者で、かつ実技試験・筆記試験に合格することが必要です。

CIDESCO・NIPPON「CIDESCOセラピスト」

CIDESCOは、1946年にベルギーで設立された国際団体です。

世界水準のエステティシャンを認定する基本ディプロマ「CIDESCOセラピスト」に加え、アロマのスペシャリストを認定する「アロマ・セラピー・ディプロマ」世界各国のリゾートスパなどで活躍できるスキルが認められた「スパ・セラピー・ディプロマ」があります。
「CIDESCOセラピスト」ディプロマを取得するには、CIDESCO国際認定校で1200時間以上のカリキュラムを終了し、CIDESCO国際試験に合格、その後2年以内にエステティックサロンまたはスパで600時間の実務経験が必要です。

もしくは、実務経験が3年以上あるエステティシャンでCIDESCOポストグラジュエイト国際試験に合格することが必要になります。

まとめ

エステサロン開業に必要な資格はありませんが、お客さまがサロンを選ぶ時に、エステティシャンの資格は大いに有利となるでしょう。
エステティシャンのスキルを示すディプロマは、お客さまの信頼を得るための手段のひとつといえます。

ご紹介した3つの民間団体、それぞれに他にはない特徴があります。
それらの特徴を踏まえ、是非、ご自分のサロンに最適なディプロマを取得することをおすすめします。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧