openingエステ開業・独立

エステ開業・独立

脱毛サロン開業に必要な技術や資格は?独学・未経験でもOK?

脱毛サロン開業に必要な技術や資格は?独学・未経験でもOK?

近年、脱毛の需要がますます高まってきています。
若い女性だけでなく、男性や子どもたちも脱毛する時代がやってきました。
それにともない、脱毛サロンを開業したいという方も増えてきましたが、未経験から開業を目指す方も少なくありません。
ここでは、そのような未経験者や独学で脱毛を学んでいる方が、開業するために必要なことについてご紹介いたします。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

脱毛サロン開業のメリット

脱毛サロンの開業を目指す方が増加している理由のひとつに、手軽さがあります。
脱毛サロン開業のメリットを挙げてみましょう。

  • 国家資格がなくても開業可能
  • 開業資金が他業種よりも少なくてすむ
  • 一人で始められる
  • 在庫を抱えるリスクがない

このように、比較的に手軽に開業することができるというのが、脱毛サロン開業のメリットだといえます。

脱毛サロンに必要な資格・技術

脱毛サロンを開業するにあたって、取得が必要な国家資格はありません
しかしながら、脱毛技術に関する民間の資格はいくつかあります。
開業するうえで必須ではありませんが、もっていればお客さまへの信頼につながることは間違いありません。

  • 認定脱毛士(日本脱毛安全普及協会)
  • 認定トータルエステティックアドバイザー(日本エステティック協会)
  • 認定美容電気脱毛エステティシャン(一般社団法人 日本美容電気脱毛協会)
  • 認定電気脱毛士(AEA:米国電気脱毛協会)

上記はほんの一部です。
このほかにもさまざまな資格がありますが、それぞれの資格の難易度もさまざまです。
数時間の講習を受けるだけで取得可能なものから、実務経験が必要なものもあります。
お客さまに安心して施術を受けていただくためにも、資格取得をおすすめします。

脱毛サロンの現状

脱毛サロンの現状
近年の脱毛ブームで、脱毛サロンを開業する方が多くなってきました。
その一方で、経営がうまくいかず廃業する方も増えています。
脱毛サロンは前述したように、気軽に開業できるだけに、いざ開業したものの実際に経営してみると続けることが難しかったと感じる方が多いように感じます。
脱毛サロンの経営がうまくいかなくなる理由をいくつか挙げてみましょう。

集客不足

開業当時は、友人・知人に声をかけ来てもらうことができますが、それも最初のうちだけです。
知り合いがお客さまになっているうちに、新規顧客の開拓を同時進行で進めていく必要があります。
廃業した多くの脱毛サロンが、新規顧客を獲得できなくて廃業に追い込まれています。

新規顧客の獲得のために、有効とされるのがSNSをうまく活用したPRです。
若いお客さま向けにInstagramに投稿したり、ウェブサイトやメディア広告などで幅広い年齢層に働きかけましょう。
また初回割引サービスやキャンペーンなどを展開して、新規獲得に努める努力も必要です。

技術不足

脱毛サロンは、お客さまに何度も足を運んでもらい、その回数にともなった料金を支払ってもらうシステムです。
何度も足を運ぶので、お客さまはトータル数万円から数十万円を脱毛サロンに支払うことになります。
だからこそ、お客さまは技術力があり信頼のできる脱毛サロンを慎重に選びます。

初回の来店で、施術スタッフの技術力や接客力に満足してもらえれば、続いて来店いただける可能性は高くなりますが、逆をいえば、初回の施術で不信感を抱かせるような技術力ならお客さまは、二度とサロンに足を運んでくれることはないでしょう。

脱毛は一度の施術ですぐに効果が表れるものではありませんが、お客さまに初回の施術で満足いただけるだけの技術をスタッフが身につけることが重要です。
それと同時に、スタッフの接客力も評価の対象となりますので、スタッフの接客レベルを上げておくということも大切です。

売上不足

何の業種であれ、ランニングコストは発生しますが、脱毛サロンにももちろんランニングコストは発生します。
なかには気軽に開業したものの、ランニングコストがこれだけ必要だとは知らなかったという方もいらっしゃいます。

  • 人件費
  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 宣伝費
  • 施術にかかる備品購入費
  • 脱毛機器のメンテナンス費

例えば、オーナーひとりだけの脱毛サロンであっても上記の人件費以外のものは、月々かかってきます。
毎月数十万、場合によっては100万円以上必要になってくることもあるでしょう。

これらのランニングコストにみあっただけの売上があればよいのですが、廃業する多くの脱毛サロンが、ランニングコストと売上のバランスが悪く、経営が立ち行かなくなるという結末を迎えているのが現状です。

脱毛サロン開業を成功に導くための3つのポイント

それでは、開業した脱毛サロンを軌道に乗せるためには、どのような対策を取ればよいのでしょうか。
ポイントは、3つです。

  • 知識
  • 技術
  • 接客

開業するためには、上記のどれもが必要不可欠です。
これらを身につけるために一番有効なのは、スクールで学ぶことです。
働きながらスクールに通っている方も多くいらっしゃいます。
仲間と切磋琢磨しながら身につけることで、得るものも大きくなります。
またスクールによっては、開業のノウハウを教えてくれたり、仕入れ業者を紹介してくれたりするところもあります。
開業を目指す方にとって、スクールで学ぶことは遠回りに見えて、開業への一番の近道です。

また、もうひとつの選択肢として脱毛サロンで働くという選択肢があります。
サロン運営に必要な技術や知識、接客について実践を通して身につけるのです。

いずれにせよ、独学や何の知識も技術もないまま、サロン開業に踏み出すのは、おすすめできません。

まとめ

脱毛サロン開業は、他業種に比べてハードルが低いものの、実際に経営するとなると難しいということがお分かりいただけたでしょうか。

脱毛サロン開業を目指すために、必要な資格や経験は必要ありませんが、開業した脱毛サロンを軌道に乗せるためには、ある程度の知識や技術は必要です。

誰もが、脱毛サロンを開業することがゴールではないはずです。
開業し継続できてこそ、初めて成功に近づくことができるのです。

この記事が、脱毛サロン開業を目指す方に少しでもお役に立てれば光栄です。
脱毛サロン開業→継続経営に向けて、頑張ってください。

この記事の監修者

業務用痩身エステ美容機器の製造・販売 SHEMEN(シーメン)

株式会社SHEMEN(シーメン)

法人番号:5120101058391

業務用エステ機器販売 業務用美容機器の製造・販売及び輸出入

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。
企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧