openingエステ開業・独立

エステ開業・独立

セルフエステ開業は儲かる!?メリットやデメリットまとめ

セルフエステ開業は儲かる!?メリットやデメリットまとめ

最近よく耳にするようになった「セルフエステ」。
エステといえば、エステティシャンが施術するものという常識を覆す新たな業態として注目されています。

そんなセルフエステ開業は実際儲かるのでしょうか。

今回はセルフエステの開業について詳しく解説していきます。
メリットやデメリットも併せてご紹介していきますので、最後までご覧くださいね。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

セルフエステとは

エステサロンの運営で欠かせないのが、エステティシャンの雇用です。
しかし、実はサロン運営において技術のあるエステティシャンを雇用し続けることがとても難しいと言われています。
その理由には、エステティシャンの労働状況が大きく関わっています。

サロンの営業時間にあわせた長時間労働や低賃金、結婚や出産、子育てなど女性のライフスタイルの変化に対応する制度が整っていないなど、一般的にエステティシャンの労働条件は決して良いとは言えません。

そこで、サロン経営者の間でも注目が集まっているのが、セルフエステです。
セルフエステは、サロンに設置された美容機器や美容商材を使用して、従来エステティシャンが行ってきた施術をお客様自身が自分に施術するという全く新しい方法のエステです。

サロンスタッフは施術方法や説明をするのが主な役割となるので、施術に1時間や2時間拘束されるということもなく、複数のお客様を同時に対応することも可能となります。

セルフエステが増えてきている理由

セルフエステサロンが増えてきている一番の理由は時代の変化にあります。

エステティシャンに施術を受けることが当たり前だったエステ業界ですが、現代の若者の思想では、コスパや効率が重視されがちです。

セルフエステでは高級店と同じ機械を使った施術が安く、手軽に受けられるというコスパの高さや効率の良さが時代のニーズに合っているため、セルフエステサロン出店が増えてきているのです。

エステとセルフエステの違いとは

これまでのエステとセルフエステの違いを経営者目線、お客様目線の両方から比較してみましょう。
まず、経営の観点で最もおおきな違いは、エステティシャンの雇用です。

従来のエステでは必須だった、技術のあるエステティシャンの雇用やエステティシャンの技術習得のための費用などがセルフエステでは不要となります。
セルフエステ開業では、お客様のご案内や説明などをする受付スタッフを少数雇用する場合が多くなっています。

そしてお客様目線では、やはりコスパや効率が全く違います。
お客様にとって、エステサロンに行くことと、セルフエステをすることでは全く意味合いの違うものとなります。
料金設定や運営方法にもよりますが、セルフエステはお客様にとってはエステサロンよりスポーツジムや習い事に近い感覚のものとなります。

そういった理由から、運営方法自体をスポーツジムに寄せた内容としているセルフエステサロンも多くなっているのです。

セルフエステ開業におすすめのメニュー

セルフエステ開業におすすめのメニュー
セルフエステを開業するにあたって、メニュー設定はサロンコンセプトにも関わるとても重要な部分です。

セルフエステでもっとも主流なのが、痩身エステです。
痩身エステは全身施術の他に気になる部分だけを集中的に施術することもでき、部分痩せはニーズも高いです。
そこでセルフエステでは部分痩せとして二の腕や太ももなどに特化したメニュー設定ができる点でも取り入れやすいメニューだと言えます。
キャビテーションやハイパーナイフなど話題の機器を取り入れることで集客にもつながりやすくなります。

そして、開業のしやすさでおすすめなのはホワイトニングです。
ホワイトニングは一般女性の間でもニーズが高まってきているメニューで、見た目や写真でもビフォーアフターがわかりやすいのでSNSなどによる拡散も期待できます。

さらに、機器の使用方法や施術方法がシンプルなので、単純に導入しやすいというメリットもあるメニューです。

フェイシャルエステなどその他のセルフエステももちろん可能ですが、物理的にセルフでは施術難しい部分や安全面での不安も考慮すると、痩身やホワイトニングがおすすめです。

セルフエステ開業のメリット

セルフエステを開業するにあたっての最も大きなメリットは、人件費を抑えられるということです。

一般的なエステサロンでは一人のお客様に対し、1~2名のエステティシャンで対応しますが、セルフエステでは一人のスタッフが複数のお客様を同時に対応することも可能です。

また、リピーターの場合はご案内のみとなりほとんど手間がかからないので、サロンの規模にもよりますが、1~2名でもサロンを運営することが可能です。
また、ノウハウさえあれば技術が必要ないという点で、新規参入のしやすさもメリットといえます。

セルフエステサロンが増えてきているとはいえまだ参入していない地域も多くあるので、チャンスが多いのもメリットですね。

セルフエステ開業のリスクやデメリット

セルフエステ開業のためにはしっかりと確認しておきたいリスクやデメリットについてですが、実は最大のリスクはセルフであることです。
エステサロンでは、知識や技術を習得したエステティシャンが施術を行うので、安全面や施術効果にも考慮した上での運営ができます。

一方、セルフエステではお客様自身が施術を行うので、効果の面や安全面が確実に保証されているわけではないということになります。
そういった内容からトラブルに発展する可能性も考えられるので、事前にしっかりとした対策をとっておく必要があります。

お客様に正しく、快適に利用していただけるサロン作りが必要不可欠となります。

人気のセルフエステサロンを作るために必要なこと

セルフエステサロンを開業するなら、人気店にしたいですよね。
セルフエステサロンの人気を獲得するためには、セルフであることを重視した戦略を考えていきましょう。

例えば、セルフだからこそお客様が自分できれいになれたと実感いただける内容にすることです。
エステサロンはプロにきれいにしてもらって当たり前ですよね。

しかしセルフエステではお客様が自分の手でキレイになるのです。
その自信や達成感はお客様にとってもサロンにとってもプラスとなること間違いなしですのでお客様ファーストでのお店作りを徹底することが最も重要となります。

いかがでしたか?
あなたのセルフエステ開業に少しでも役に立てる情報があったでしょうか?
お客様ファーストのセルフエステの成功をお祈りしています。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧