openingエステ開業・独立

エステ開業・独立

サロンに電話回線を開通するためのバイブル!費用や流れ、注意点について紹介

サロンに電話回線を開通するためのバイブル!費用や流れ、注意点について紹介

近年、携帯電話の普及により、固定電話を持たない家庭も増えてきました。

その一方で店舗ビジネスの展開に固定回線は欠かすことはできません。
固定回線をもつことにより信用度もぐんと上がります。

サロンにおいてもそれは例外ではありません。

今回は、これからサロンを開こうとする方に向けて、電話回線を開通する際の費用や流れ、注意点についてご紹介いたします。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら

電話回線の種類

「ん?電話回線の種類?電話に種類ってあるの?」とお思いになるかもしれません。
昭和の時代にはアナログ回線が定番でしたが、現在電話回線も多様化の波が押し寄せています。

電話回線の種類は大きく分けて2種類。
アナログ回線とデジタル回線です。

ここからは、アナログ回線とデジタル回線の特徴と違いについてご紹介いたします。

アナログ回線

アナログ回線にはダイヤル式とプッシュ式があります。
どちらもアナログ信号を送受信する回線で、安定性が高く災害時にも強いという特徴があります。

デジタル回線

デジタル回線には、ISDN回線と光回線、IP電話があります。

ISDN回線はデジタルデータで送受信するので、音質がクリアであり単一の電話番号で複数の回線を使用することができます。
盗聴されにくいというメリットがあります。

光回線は、光ファイバーケーブルを使用し光の点滅を用いて送受信するため、通信スピードが非常に速いのが特徴です。

「050」から始まるIP電話は、インターネット回線を使用する電話です。
比較的費用がリーズナブルなのが特徴です。

サロンに電話回線を開通させるために必要な手続きは?

サロンに電話回線を開通させるために必要な手続きは?
それでは、電話回線を開通させるためには何が必要か、どのような手続きをしなくてはならないのか、ここからは電話回線を開通させるための手続きについてご紹介いたします。

まずは、アナログ回線の開通方法についてです。
アナログ回線の場合は、電話加入権を取得しなければなりません。
直接電話会社とやり取りする方法もありますが、開通をサポートしてくれる代理店にお願いすれば、プラン等の提案や手続きをサポートしてくれるので安心です。

デジタル回線についても同じです。
ご予算や目的などに合わせて適切な電話やプランをお選びください。

どの回線を使うのかが決定したら次はいよいよ電話を開通させるための工事です。

アナログ回線は1週間程度、IP電話の場合は、インターネット回線をすでにおもちであれば1週間ぐらいで使えるようになります。

新店舗でインターネット回線がまだという方は、インターネット回線の引き込みから行なうことになります。

この場合、インターネットの引き込み工事やプロバイダとの契約などが必要になるため、1か月ぐらいかかります。

電話回線の開通費用はいくら必要?

電話回線にかかる費用を見ていきましょう。

アナログ回線に必要な電話加入権は、1回線3万6,000円(税抜)です。
2回線なら7万2,000円、3回線なら10万1,800円というふうに回線が増えていくにつれて1回線の料金が加算されていくことになります。

予算的に厳しいという方には、中古のアナログ回線がおすすめです。
新規の加入権よりずっと安く入手することが可能です。

また加入権レンタルという制度もありますので、ご予算に合わせてご検討ください。

一方IP電話の場合は、電話加入権は必要ありませんが、インターネット回線、プロバイダ契約、ルータ等通信機器などが必要になります。
これらに加え、アナログ、デジタルともに工事費がかかってきます。

サロンに電話回線を開通する際の注意点

ご自宅に固定電話をおもちの方も多いと思いますが、サロンなどの店舗で回線開通する際には一般家庭と異なる点があります。

ここではサロンでの電話回線開通時の注意点についてご紹介いたします。

前項でもご紹介したように開通までには時間がかかります。
特にIP電話を選択した際、インターネット回線から工事を行なうとなると1か月ほど要します。
オープンギリギリに手続きをしてしまうとオープンに間に合わないということも考えられますので、オープンに合わせて早めに開通手続きを済ませておきましょう。

アナログ回線を選んだ方はこれほど時間はかかりませんが、引っ越し時期などは工事が込み合っている場合がありますのでできれば早めに申し込んでおくと安心です。

アナログ回線を選んだ方でも、インターネットは店内で使用したいという方がほとんどだと思います。
今やサロン運営においてもインターネットは欠かせません。

集客や顧客管理、POSシステムなどで活用したいと思っている方はぜひインターネット手続きも併せて行なうことをおすすめします。

まとめ

サロンを新たにオープンするなら、固定電話回線は必要不可欠です。

自宅サロンなどでは、携帯電話で代用しているオーナーもいらっしゃいますが、店舗をもつ場合には、固定電話回線があった方が信用度も増します。

また最近では知らない携帯電話から電話がかかってくるといたずら電話の可能性もあるので出ないという方も増えています。
お客さまとのスムーズなコミュニケーションを図るためにも固定電話回線をおすすめします。

いまやサロン経営者にとって、固定電話とインターネットは経営をサポートしてくれる心強い味方です。
両者を併用して安定した経営を目指してください。

この記事の監修者

業務用痩身エステ美容機器の製造・販売 SHEMEN(シーメン)

株式会社SHEMEN(シーメン)

法人番号:5120101058391

業務用エステ機器販売 業務用美容機器の製造・販売及び輸出入

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。
企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

業務用エステ美容機器・ホームケア用美容機器のOEM/ODMの受託を行っています。

企画・デザイン・開発とお客様との念入りなヒアリングの上ご希望に沿ってご提案、小ロットでも対応可能です。

美容業界新規参入の方、セルフエステサロン様、チェーン店様へ。他社とは一線を画する御社オリジナルのブランド力の高い機器を提供致します。

cellkiller/burst edge/RIOXY victoria/RIOXY
シーメンのOEM/ODMの強み・特徴はこちら
コラム一覧